こんにちは。

 「基礎歴史ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

受験対策を話している人

 あなたは、「私が早稲田大学を目指して良いんですか」と思っていませんか。

 あなたは、「偏差値50以下ですが、早稲田大学を目指して良いんですか」と思っていませんか。

 あなたは、私に「偏差値50以下なら、早稲田大学を目指すのは、辞めなさい」と言われた場合、あなたは、早稲田大学を諦めることができますか。

 あなたが、早稲田大学を諦めることができる場合には、あなたは、早稲田大学に合格できません。

 あなたが、早稲田大学を諦めることができない場合には、あなたは、早稲田大学に合格できる可能性があります。

 あなたは、「早稲田大学受験対策をしている塾が、たくさんあり、何処に申し込めば良いのか分かりません」と思っていますよね。

 あなたは、「早稲田大学合格実績が、1名でも多く、1%でも高い塾に申し込みをすれば、早稲田大学に合格できる」と思っていますよね。

 残念ながら、早稲田大学合格実績が高かい塾に申し込みをしたとしても、塾の指導方法が、あなたに合っていなかった場合、あなたは、早稲田大学に合格できません。

 早稲田大学合格実績が高かい塾の中には、早稲田大学を目指している受験生は、4月には、一定の知識が身に付いていることを前提に講義をしている塾もあります。

 あなたが、早稲田大学を目指している受験生は、4月には、一定の知識が身に付いていることを前提に講義をしている塾に申し込みをした場合、どうなるのか考えて下さい。

 あなたは、「塾の掛け持ちをすれば良い」と思っていますよね。

受験対策をしている人

 私は、あなたに塾の掛け持ちをすることをすすめません。

 どうして私は、あなたに塾の掛け持ちをすることをすすめないのか。

 私が、あなたに塾の掛け持ちをすることをすすめない理由は、主に2つあります。

 1つは、令和時代の学生は、平成時代の学生に比べ、勉強面でも多忙だからです。

 もう1つは、あなたが独習をする時間がなくなるからです。

 あなたは、「独習をする時間がなくても、問題はありませんよね」と思っていますよね。

 あなたが、独習をする時間がなかった場合、あなたは塾で教わったことが、身に付いているのか確認することができません。

 塾で教わったことが身に付いているのか確認することができない場合、あなたは、早稲田大学試験本番、分かったつもりで受験することになります。

 あなたが、早稲田大学試験本番、分かったつもりで受験した場合、試験1科目目を解いている時、あなたは、どう思いますか。


 あなたは、「「落ちた」「私が早稲田大学を目指してはいけなかったんだ」と思う」と思っていますよね。

 あなたは、大学の難易度に関係なく、正しい試験対策をすれば、誰でも志望校に合格できることを知っていますか。

 あなたの志望校が、早稲田大学の場合、正しい早稲田大学受験対策をすることで、早稲田大学に合格できます。

基礎歴史ブログ5

 あなたは、「正しい早稲田大学受験対策をし、早稲田大学試験本番を迎えたいです」と思っていますよね。

 私は、正しい早稲田大学受験対策をする塾を知っています。

 正しい早稲田大学受験対策をする塾は、早稲田大学専門塾WASE-PASSです。

 早稲田大学専門塾WASE-PASSでは、2つのことを約束しています。

 1つは、今のあなたの学力と早稲田大学合格の距離を分析し、カリキュラムを作成することです。

 もう1つは、あなた1人を早稲田大学に強い4人のプロ講師が勉強を管理することです。


 あなたの今の偏差値は、いくつですか。

 あなたの偏差値は、50以下ですか。

 早稲田大学専門塾WASE-PASSでは、偏差値47から早稲田大学に合格させた実績があります。

 あなたは、今でも「私が早稲田大学を目指して良いんですか」「偏差値50以下ですが、早稲田大学を目指して良いんですか」と思っていますか。

 大学受験は、ただの受験競争ではありません。

 大学受験は、あなたが変わるチャンスも与えています。

 なので、あなたの今の偏差値が50以下だったとしても、あなたが心から「早稲田大学に絶対に合格する」と思っている場合には、偏差値を理由に早稲田大学を諦める必要はありません。

 あなたが、心から「もう早稲田大学を諦める言い訳をしません」「早稲田大学を受験せずに諦め、何年後かに後悔することはしたくありません」と思っている場合には、まずは、早稲田大学専門塾WASE-PASSの無料説明会に参加することをおすすめします。



基礎歴史ブログ1