こんにちは。

 「基礎歴史ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

受験対策を話している人

 あなたは、「過去問は、ただ傾向を知るために使っています」と思っていますか。

 あなたは、「過去問を解いた後、過去問の解説を読むだけしかしていません」と思っていますか。

 あなたが、「過去問は、ただ傾向を知るために使っています」「過去問を解いた後、過去問の解説を読むだけしかしていません」と思っている場合、あなたは、過去問を使い倒していません。

 あなたは、私に対し、「あなたが、何を言っているか分かりません」と思っていますよね。

 私が、あなたに過去問について伝えたいことを一言で言うと、過去問をGoogleの検索エンジンのようにすることが必要ということです。

 あなたは、Googleの検索エンジンを知っていますか。

 あなたは、「知りたいことを入力すると、知りたい情報が表示されるシステムですよね」と思っていますよね。

 Googleの検索エンジンは、知りたいことを入力すると、知りたい情報が表示されるシステムです。

 あなたは、志望校の入試本番に試験会場に持ち込みが許可されているものを理解できていますか。

基礎歴史ブログ3

 あなたが、志望校の入試本番に試験会場に持ち込みが許可されているものは、受験票・筆記用具・通信機能が付いていない時計だけではありません。

 あなたは、「受験票・筆記用具・通信機能が付いていない時計以外に持ち込めるものはありません」と思っていますよね。

 実は、あなたが、受験票・筆記用具・通信機能が付いていない時計以外に持ち込めるものが1つだけあります。

 あなたが、受験票・筆記用具・通信機能が付いていない時計以外に持ち込めるものは、入試本番までに鍛えられたあなたの頭の中にある検索エンジンです。

 あなたは、あなたの頭の中にある検索エンジンを鍛えるには、どのようにすれば良いのか考えたことはありますか。

 あなたは、「頭の中にある検索エンジンを鍛えることを考えたこともありません」と思っていますよね。

 あなたの頭の中にある検索エンジンを鍛える方法は、情報を1元化することです。

 情報を1元化するとは、あなたが問題を解き、分からなかったことがあった場合、戻れる1冊の参考書・テキストを作っておくことです。

 あなたが、問題を解き、分からなかったことがあった場合、戻れる1冊の参考書・テキストを作っておくことで、問題を解いている時、「参考書・テキストの●ページ何行目辺りに書いてあった」と思い出しながら、落ち着いて問題を解くことができます。

 あなたは、「過去問では、どのようにすれば良いんですか」と思っていますよね。

受験対策をしている人

 過去問では、3つのことをします。

 1つ目は、問題に正解したが、正解の理由を説明できない問題・正解できなかった問題の問題の横に該当箇所の参考書・テキストの●ページ何行目と書き込むことです。

 2つ目は、該当箇所の参考書・テキストの●ページ何行目に線を引くことです。

 3つ目は、線を引いた参考書・テキストを少しでも時間がある時、目を通すようにすることです。

 あなたは、「英文読解問題・国語は、参考書・テキストに書き込むことができませんよね」と思っていますよね。

 英文読解問題・国語も参考書・テキストに書き込むことができます。

 例えば、英文読解問題を考えて下さい。

 英文読解問題は、主に2つに分けることができます。

 1つは、文法の知識がないことが原因で解けなかった問題。

 もう1つは、本文の内容を押さえることができてなかったことが原因で解けなかった問題です。

 文法の知識がないことが原因で解けなかった問題については、文法の該当箇所の参考書・テキストに書き込みます。

 本文の内容を押さえることができてなかったことが原因で解けなかった問題については、読解力の該当箇所の参考書・テキストに書き込みます。

 国語も英文読解問題と同じように該当箇所の参考書・テキストに書き込みます。

 あなたは、過去問に該当箇所の参考書・テキストに書き込むことで、必要な知識を確実に記憶することができます。

 あなたが、必要な知識を確実に記憶することで、鍛えられたあなたの頭の中にある検索エンジンを志望校の入試本番に試験会場に持ち込むことができます。

基礎歴史ブログ1