こんにちは。

 「基礎歴史ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

受験対策を話している人

 あなたは、これまでに1つでも良いので、自分で管理をし、やり遂げたことはありますか。

 あなたは、これまで1つでも良いので、成功した経験はありますか。

 私は、高校を卒業した年の3月に自分で管理をし、約1か月間で日本史を志望大学合格レベルまで達することができました。

 あなたは、「え」と思っていますよね。

 私は、現役生時代、志望校を全落ちし、進路未定で高校を卒業しました。

 進路未定で高校を卒業した私は、親に新年度の予備校費以外に日本史の講座の学費を出して貰えるように頭を下げました。

 私は、親から新年度の予備校費以外に日本史の講座の学費を出して貰えることになり、新年度が始まる前に日本史の講座を申し込みました。

 私が申し込みをした日本史の講座は、予備校に通学し、自分のペースで前年度の講義のビデオを観、勉強する講座でした。

 あなたは、「1日何コマ前年度の日本史の講座のビデオを観て、勉強したんですか」と思っていますよね。

受験対策をしている人

 私は、午前10時から午後8時頃まで前年度の日本史の講座のビデオを観て、勉強していました。

 私は、1コマのビデオを受講し終わった後、10~15分間休憩を入れ、1日最低5コマ前年度の日本史の講座のビデオを観て、勉強していました。

 また10~15分の休憩の間もこれまで前年度の日本史の講座のビデオで勉強したことを復習していました。


 当時、新年度が始まる前の3月に狂ったように日本史の勉強をしていた私を見ていた人は、「この人、狂っている」「この人、変態だよ」と思っていたかもしれません。

 あなたは、志望校に合格するために努力している姿を見られ、「この人、狂っている」「この人、変態」と思われるのは嫌ですか。

 あなたは、志望校に合格できないのと志望校に合格するために努力している姿を見られ、「この人、狂っている」「この人、変態」と思われることのどっちが嫌ですか。

 あなたが、「志望校に合格するために努力している姿を見られ、「この人、狂っている」「この人、変態」と思われることの方が嫌です」と思っている場合、あなたは志望校に合格できません。

 あなたが、「志望校に合格できない方が嫌です」と思っている場合、あなたは志望校に合格できる可能性があります。

基礎歴史ブログ5

 あなたは、「志望校に合格できない方が嫌です。しかし、自分で勉強を管理できる自信がありません」と思っていますよね。

 私は、あなたの勉強を徹底的に管理をする塾を知っています。

 あなたの勉強を徹底的に管理をする塾は、鬼管理専門塾です。

 鬼管理専門塾は、主に3つのことをしています。

 1つ目は、あなたから志望校をヒヤリングします。

 2つ目は、あなたの学力を基に志望校合格から逆算したカリキュラムを作成しています。

 3つ目は、あなたの勉強を1日単位で管理しています。


 あなたは、志望校に合格したいですか。

 あなたが、「志望校に合格する。絶対に志望校に合格する」と思っている場合には、鬼管理専門塾に申し込みをし、勉強をすることをおすすめします。



基礎歴史ブログ3