こんにちは。

 「基礎歴史ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「大正時代の乱を押さえる」について話して行きます。

基礎歴史ブログ4

授業をしている講師「前回は、1885年~1912年(伊藤博文~西園寺公望)までの乱について話しました。1885年~1912年(伊藤博文~西園寺公望)までの乱は、何だったかな

授業を受けている生徒「1885年~1912年(伊藤博文~西園寺公望)までの乱は、11個あった。1つ目は、1882年(明治15年)、朝鮮の漢城で日本への接近を進める国王高宗の外戚閔氏一族に反対する大院君を支持する軍隊が反乱を起こした。軍隊が反乱を起こしたことに呼応し、民衆が、日本公使館を包囲した壬午軍乱(壬午事変)。2つ目は、1884年(明治17年)、日本と組んで朝鮮の近代化をはかろうとした金玉均らの日改革派(独立党)は、日本公使館の援助を得て、クーデターを起こした。しかし、清国軍の来援で失敗した甲申事変。3つ目は、1887年(明治20年)、自由民権論者が、 外交の回復・地租の軽減・言論の自由の三つを要求して元老院に建白書を提出した。しかし、政府は保安条例を制定して民権派を東京から追放した三大事件建白運動。4つ目は、1891年(明治24年)、ロシア皇太子ニコライ(後の皇帝ニコライ2世)一行が、人力車で大津の京町筋を通行した際、路上警備をしていた津田三蔵巡査が突然、剣を抜き、皇太子の頭部を斬りつけた大津事件。5つ目は、1894年(明治27年)、朝鮮で東学の信徒の農民を中心に減税と排日を要求をした甲午農民戦争(東学の乱)。6つ目は、1894年(明治27年)、ロシアの支配が、東アジアにまで拡大されていた。なので、危機感を抱いた日本は、ロシアの勢力支配が自国に及ばぬよう、まだどの国からも支配されていなかった朝鮮半島を支配することを考え、清国に宣戦した日清戦争。7つ目は、1900年、清国では、「扶清滅洋」を唱える排外主義団体義和団が、勢力を増し、各地で外国人を襲い、北京の列国公使館を包囲した。清国政府も義和団に同調し、列国に宣戦を布告した義和団事件(北清事変)。8つ目は、1904年(明治37年)2月、日本とロシアは互いに宣戦を布告した日露戦争。9つ目は、1905年(明治38年)、国民が賠償金を全く取れないポーツマス条約に不満を爆発させ、ポーツマス条約調印の日に開かれた講和反対国民大会が暴動化した日比谷焼打ち事件。10個目は、1910年(明治43年)、明治天皇暗殺を計画したとの容疑で多数の社会主義者・無政府主義者が、逮捕・処刑された大逆事件。11個目は、1910年(明治43年)、日本政府は、韓国併合条約を強要し、韓国を植民地化した韓国併合

授業をしている講師「そうだよね。例えば、大津事件で襲われたのは、誰か答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「大津事件は、1891年(明治24年)、ロシア皇太子ニコライ(後の皇帝ニコライ2世)一行が、人力車で大津の京町筋を通行した際、路上警備をしていた津田三蔵巡査が突然、剣を抜き、皇太子の頭部を斬りつけた。なので、正解は、ニコライ

授業をしている講師「そうだよね。例えば、選択肢を古い順番で並べ替えなさい。A日清戦争 B日露戦争と問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「A日清戦争は、1894年(明治27年)。B日露戦争は、1904年(明治37年)2月。なので、正解は、A→B

授業をしている講師「そうだよね。例えば、日清戦争が行ったきっかけは、何か簡単に説明しなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「日清戦争は、ロシアの支配が、東アジアにまで拡大されていた。なので、危機感を抱いた日本は、ロシアの勢力支配が自国に及ばぬよう、まだどの国からも支配されていなかった朝鮮半島を支配することを考え、清国に宣戦した。なので、正解は、日清戦争が行ったきっかけは、ロシアの支配が、東アジアにまで拡大されていた。なので、危機感を抱いた日本は、ロシアの勢力支配が自国に及ばぬよう、まだどの国からも支配されていなかった朝鮮半島を支配することを考えたこと

授業をしている講師「そうだよね。例えば、日比谷焼打ち事件は、どうして起こったのか答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「日比谷焼打ち事件は、国民が賠償金を全く取れないポーツマス条約に不満を爆発させ、ポーツマス条約調印の日に開かれた講和反対国民大会が暴動化した事件。なので、正解は、日比谷焼打ち事件は、賠償金を全く取れないポーツマス条約に不満を爆発させたことで起こった



授業をしている講師1885年~1912年(伊藤博文~西園寺公望)で何か思い出すことはないかな

授業を受けている生徒「1885年~1912年(伊藤博文~西園寺公望)で思い出すことは、内閣制度が始まったこと

授業をしている講師「そうだよね。1885年~1912年の内閣総理大臣は、何代までだったかな

授業を受けている生徒「1885年~1912年の内閣総理大臣は、第14代までだった」



授業をしている講師「正解。今回は、大正時代の乱を押さえるについて話します。早速だけど、大正時代の乱は、何か分かるかな

授業を受けている生徒「大正時代の乱は、9つあった。1つ目は、1912年(大正元年)12月、立憲政友会の尾崎行雄・立憲国民党の犬養毅を中心とした野党勢力・ジャーナリスト・商工業者・都市民衆が「閥族打破・憲政擁護」を揚げた運動が全国に広がった第一次護憲運動。2つ目は、1913年(大正2年)2月、桂太郎内閣が在職50日余りで退陣した大正政変。3つ目は、1914年(大正3年)、外国製の軍艦や兵器に輸入をめぐり海軍高官が汚職したシーメンス事件。4つ目は、1914年、日本は日英同盟を理由に連合国側で参戦した第一次世界大戦。5つ目は、1918年(大正8年)8月、寺内正毅内閣は、アメリカがシベリアのチェコスロヴァキア軍救援を名目とする共同出兵を提唱したことを受け、シベリア・北満州への派兵を決定したシベリア出兵。6つ目は、1918年(大正7年)、日本で発生した米の価格急騰に伴って起こった米騒動。7つ目は、1919年3月1日、民族自決の国際世論の高まりを背景に、東京在住の朝鮮人学生・日本支配下の朝鮮の学生・宗教団体を中心に朝鮮独立を求める運動が盛り上がった。また京城(現ソウル)のパコダ公園(タプッコル公園)で独立宣言朗読会が行われたことをきっかけで起こった朝鮮全土で独立を求めた三・一独立運動。8つ目は、1919年5月4日、1915年の二十一か条の要求の内容に不満を抱き発生した中華民国の北京から全国に広がった抗日・反帝国主義を掲げる学生運動・大衆運動の五・四運動。9つ目は、1924年(大正13年)、憲政会・立憲政友会・革新倶楽部の3党は、清浦奎吾が陸相と海相を除く全閣僚を貴族院から選出したことで、超然内閣の出現であるとして、憲政擁護運動を起こした第二次護憲運動

授業をしている講師「そうだよね。第一次世界大戦の結果は、どうだったかな

授業を受けている生徒「第一次世界大戦の結果は、1918年11月、ドイツが負けを認めて降伏し、休戦した。また1919年6月、パリで調和会議が開かれ、日本も5大連合国の一員として全権西園寺公望・牧野伸顕らを送り、ヴェルサイユ条約が調印された

授業をしている講師「そうだよね。例えば、第一次護憲運動は、1924年(大正13年)、憲政会・立憲政友会・革新倶楽部の3党が、清浦奎吾が陸相と海相を除く全閣僚を貴族院から選出したことで、超然内閣の出現であるとして、起こした憲政擁護運動であると問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「第一次護憲運動は、1912年(大正元年)12月、立憲政友会の尾崎行雄・立憲国民党の犬養毅を中心とした野党勢力・ジャーナリスト・商工業者・都市民衆が「閥族打破・憲政擁護」を揚げた運動が全国に広がった運動。1924年(大正13年)、憲政会・立憲政友会・革新倶楽部の3党が、清浦奎吾が陸相と海相を除く全閣僚を貴族院から選出したことで、超然内閣の出現であるとして、起こした憲政擁護運動は、第二次護憲運動。なので、正解は、

授業をしている講師「そうだよね。例えば、大正政変で退陣した内閣は、何内閣か答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「大正政変で退陣した内閣は、桂太郎内閣。なので、正解は、桂太郎内閣

授業をしている講師「正解。今回は、大正時代の乱を押さえるについて話しました。次回は、昭和時代の乱を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<大正時代の乱について>
第一次護憲運動→1912年(大正元年)12月、立憲政友会の尾崎行雄・立憲国民党の犬養毅を中心とした野党勢力・ジャーナリスト・商工業者・都市民衆が「閥族打破・憲政擁護」を揚げた運動が全国に広がった

大正政変→1913年(大正2年)2月、桂太郎内閣が在職50日余りで退陣した

シーメンス事件→1914年(大正3年)、外国製の軍艦や兵器に輸入をめぐり海軍高官が汚職した

第一次世界大戦→1914年、日本は日英同盟を理由に連合国側で参戦した
1918年11月、ドイツが負けを認めて降伏し、休戦した
1919年6月、パリで調和会議が開かれ、日本も5大連合国の一員として全権西園寺公望・牧野伸顕らを送り、ヴェルサイユ条約が調印された

シベリア出兵→1918年(大正8年)8月、寺内正毅内閣は、アメリカがシベリアのチェコスロヴァキア軍救援を名目とする共同出兵を提唱したことを受け、シベリア・北満州への派兵を決定した

米騒動→1918年(大正7年)、日本で発生した米の価格急騰に伴って起こった

三・一独立運動→1919年3月1日、民族自決の国際世論の高まりを背景に、東京在住の朝鮮人学生・日本支配下の朝鮮の学生・宗教団体を中心に朝鮮独立を求める運動が盛り上がった。また京城(現ソウル)のパコダ公園(タプッコル公園)で独立宣言朗読会が行われたことをきっかけで起こった朝鮮全土で独立を求めた

五・四運動→1919年5月4日、1915年の二十一か条の要求の内容に不満を抱き発生した中華民国の北京から全国に広がった抗日・反帝国主義を掲げる学生運動・大衆運動

第二次護憲運動→1924年(大正13年)、憲政会・立憲政友会・革新倶楽部の3党は、清浦奎吾が陸相と海相を除く全閣僚を貴族院から選出したことで、超然内閣の出現であるとして、憲政擁護運動を起こした

基礎歴史ブログ3