こんにちは。

 「基礎歴史ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「江戸時代の乱を押さえる」について話して行きます。

基礎歴史ブログ4

授業をしている講師「前回は、1716年~1837年(徳川吉宗~徳川家斉)までの乱について話しました。1716年~1837年(徳川吉宗~徳川家斉)までの乱は、何だったかな

授業を受けている生徒「1716年~1837年(徳川吉宗~徳川家斉)までの乱は、8つあった。1つ目は、1733年(享保18年)、都市に住む貧しい人が、米価の引き下げを求め、商人を襲った民衆運動の享保の打ちこわし。2つ目は、1758年、復古派の公家たちと竹内式部が、摂家によって処分された宝暦事件。3つ目は、1767年、江戸で山県大弐が尊王斥覇を説き、幕府を批判し死罪となった明和事件。4つ目は、1788年、光格天皇が父である閑院宮典仁親王に太上天皇の尊号を贈ろうとして幕府に拒否された尊号一件。5つ目は、1789年(天明7年)5月、江戸・大阪など当時の主要都市を中心に30か所あまりで発生した天明の打ちこわし。6つ目は、1806年(文化3年)、ロシア帝国から日本へ派遣された外交使節だったニコライ・レザノフが部下に命じて日本側の北方の拠点を攻撃させた文化露寇。7つ目は、1808年(文化5年)、英国軍艦フェートン号がオランダ国旗を掲げて長崎港に侵入し、オランダ商館員から食糧・薪水を奪ったフェートン号事件。8つ目は、1811年(文化8年)、千島列島を測量中であったロシアの軍艦ディアナ号艦長のヴァシリー・ミハイロヴィチ・ゴロヴニンらが、国後島で松前奉行配下の役人に捕縛され、日本に抑留されたゴローニン事件

授業をしている講師「そうだよね。例えば、1788年、光格天皇が父である閑院宮典仁親王に太上天皇の尊号を贈ろうとして幕府に拒否されたことを何と言うか答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「1788年、光格天皇が父である閑院宮典仁親王に太上天皇の尊号を贈ろうとして幕府に拒否された尊号一件と言う。なので、正解は、尊号一件

授業をしている講師「そうだよね。例えば、選択肢を古い順番に並べ替えなさい。Aフェートン号事件 B文化露寇 Cゴローニン事件と問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「フェートン号事件は、1808年(文化5年)。文化露寇は、1806年(文化3年)。ゴローニン事件は、1811年(文化8年)。なので、正解は、B→A→C

授業をしている講師「そうだよね。例えば、長崎奉行松平康英は、フェートン号事件の責任をとって切腹したと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒長崎奉行松平康英は、フェートン号事件の責任をとって切腹した。なので、正解は、

授業をしている講師「そうだよね。例えば、明和事件とは、1758年、復古派の公家たちと竹内式部が、摂家によって処分されたことであると問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「明和事件は、1767年、江戸で山県大弐が尊王斥覇を説き、幕府を批判し死罪となったのことだった。1758年、復古派の公家たちと竹内式部が、摂家によって処分されたのは、宝暦事件のことだった。なので、正解は、



授業をしている講師「そうだよね。1716年~1837年(徳川吉宗~徳川家斉)で思い出すことはないかな

授業を受けている生徒「1716年~1837年(徳川吉宗~徳川家斉)で思い出すことは、徳川家治・徳川家斉





授業をしている講師「そうだよね。誰が、徳川家治を支えたんだったかな

授業を受けている生徒田沼意次が、徳川家治を支えた」

授業をしている講師「そうだよね。田沼意次は、何を広く公認したんだったかな

授業を受けている生徒「田沼意次は、運上や冥加などの営業税の増収させるため、都市や農村の商人・職人の仲間を株仲間として広く公認した。なので、正解は、株仲間

授業をしている講師「そうだよね。田沼意次は、誰の「赤蝦夷風説考」を取り入れ、誰らを蝦夷地に派遣し、調査させたんだったかな

授業を受けている生徒「田沼意次は、工藤平助の「赤蝦夷風説考」を取り入れ、最上徳内らを蝦夷地に派遣し、調査させた。なので、正解は、工藤平助・最上徳内

授業をしている講師「そうだよね。誰が、徳川家斉を支えたんだったかな

授業を受けている生徒松平定信が、徳川家斉を支えた」

授業をしている講師「そうだよね。凶作や天災によって作物がとれなくても、しばらくは民衆が飢えないようにするために米を備蓄する制度を何と言ったかな

授業を受けている生徒「凶作や天災によって作物がとれなくても、しばらくは民衆が飢えないようにするために米を備蓄する制度を囲米と言った

授業をしている講師「そうだよね。1807年(文化4年)、蝦夷地の開発や防衛は、何藩に任せたんだったかな

授業を受けている生徒「1807年(文化4年)、蝦夷地の開発や防衛は、松前藩に任せた

授業をしている講師「そうだよね。1825年(文政8年)、清・朝鮮・琉球王国を適用外。オランダは長崎以外では打払いの対象とする接近する外国船を撃退した異国船打払令(無二念打払令)は、誰の時代に行われたかな

授業を受けている生徒「異国船打払令(無二念打払令)は、徳川家斉時代に行われた

授業をしている講師「正解。今回は、江戸時代の乱を押さえるについて話します。早速だけど、徳川家慶は何年に在任し、徳川慶喜は何年まで在任したのか分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師「徳川家慶は1837年に在任し、徳川慶喜は1868年まで在任した。徳川家慶と徳川慶喜は、江戸時代の何代目将軍だったかな

授業を受けている生徒「徳川吉宗は、12代目将軍。徳川家斉は、15代目将軍」



授業をしている講師「そうだよね。今回は、1837年~1868年までの乱を押さえる」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師1837年~1868年(徳川家慶~徳川慶喜)までの乱は、何か分かるかな

授業を受けている生徒「1837年~1868年(徳川家慶~徳川慶喜)までの乱は、10個あった。1つ目は、1837年(天保8年)、大阪の元与力大塩平八郎は、飢えにあえぐ民衆たちを救うために、私利私欲を肥やしていた大阪の豪商を襲って金銭や米を奪った。 しかし、反乱は、半日で鎮圧され、反乱に関わった人たちは厳しく処罰された大塩平八郎の乱。2つ目は、1837年6月、国学者の生田万が、越後国柏崎で貧民救済のため蜂起した生田万の乱。3つ目は、1837年(天保8年)、日本人漂流民7名を伴い、通商を求めて来航した米国の商船モリソン号を幕府が異国船打払令に基づいて砲撃し、退去させたモリソン号事件。4つ目は、1839年、渡辺崋山は「慎機論」・高野長英は「夢物語」を書き、モリソン号事件などにおける幕府の政策を批判した。江戸幕府が渡辺崋山を国元での蟄居 、高野長英を永牢に処した蛮社の獄。5つ目は、江戸幕府の大老・井伊直弼に対して批判的な態度をとった多くの人物たちが弾圧された安政の大獄。6つ目は、1860年(万延元年)、大老井伊直弼が江戸城の桜田門外で尊王攘夷派の水戸・薩摩の脱藩浪士らに暗殺された桜田門外の変。7つ目は、1864年、長州藩が、会津藩・桑名藩・薩摩藩などの諸藩に敗れた禁門の変(蛤御門の変)。8つ目は、イギリス・フランス・アメリカ・オランダの4国連合艦隊が、下関の砲台を攻撃し、攘夷派を屈服させた四国艦隊下関砲撃事件。9つ目は、1863年(文久3年)、生麦事件をきっかけに起きた薩摩藩とイギリスによる薩英戦争。10個目は、1867年12月9日、明治新政府の設立を宣言した王政復古の大号令

授業をしている講師「残念ながら、1837年~1868年(徳川家慶~徳川慶喜)までの乱は、10個だけではない。大塩平八郎の乱・生田万の乱・モリソン号事件・蛮社の獄・安政の大獄・桜田門外の変・禁門の変(蛤御門の変)・四国艦隊下関砲撃事件・薩英戦争・王政復古の大号令以外に6つあった。1つ目は、1862年(文久2年)、生麦村で発生した日本人による外国人殺傷事件の生麦事件。2つ目は、1863年(文久3)8月18日、公武合体派が、尊皇攘夷過激派三条実美らを京都から追放した八月十八日の政変。3つ目は、1864年(元治元年)、京都で起こった新撰組による尊王攘夷派を弾圧した池田屋事件。4つ目は、1864年9月、幕府は、禁門の変から数日後、長州藩に対し、長州討伐令を出した第一次長州征討。5つ目は、1866年、幕府と長州藩との間で起きた第二次長州征伐。6つ目は、1867年(慶応3年)、主に江戸以西の各地で起こった大衆的狂乱のええじゃないか

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、大塩平八郎の乱と生田万の乱のどっちが先に起こったのか答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「生田万の乱は、大塩平八郎の乱の余波で起こった。なので、正解は、大塩平八郎の乱

授業をしている講師「そうだよね。例えば、蛮社の獄とは、江戸幕府の大老・井伊直弼に対して批判的な態度をとった多くの人物たちが弾圧されたことであると問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「蛮社の獄とは、1839年、渡辺崋山は「慎機論」・高野長英は「夢物語」を書き、モリソン号事件などにおける幕府の政策を批判した。江戸幕府が渡辺崋山を国元での蟄居 、高野長英を永牢に処したこと。江戸幕府の大老・井伊直弼に対して批判的な態度をとった多くの人物たちが弾圧されたのは、安政の大獄。なので、正解は、

授業をしている講師「そうだよね。例えば、選択肢を古い順番に並べ替えなさい。A禁門の変(蛤御門の変)  B八月十八日の政変 C池田屋事件と問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師「そうだよね。B八月十八日の政変→C池田屋事件→A禁門の変(蛤御門の変)の順番で起こった。なので、B八月十八日の政変→C池田屋事件→A禁門の変(蛤御門の変)の順番で起こったことも押さえておいてね

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師例えば、王政復古の大号令は、何年に起こったのか答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「王政復古の大号令は、1867年12月9日に起こった。なので、正解は、1867年

授業をしている講師「正解。今回は、江戸時代の乱を押さえるについて話しました。次回は、明治時代の乱を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<1837年~1868年(徳川家慶~徳川慶喜)までの乱について>
大塩平八郎の乱→1837年(天保8年)、大阪の元与力大塩平八郎は、飢えにあえぐ民衆たちを救うために、私利私欲を肥やしていた大阪の豪商を襲って金銭や米を奪った。 しかし、反乱は、半日で鎮圧され、反乱に関わった人たちは厳しく処罰された

生田万の乱→1837年6月、国学者の生田万が、越後国柏崎で貧民救済のため蜂起した

モリソン号事件→1837年(天保8年)、日本人漂流民7名を伴い、通商を求めて来航した米国の商船モリソン号を幕府が異国船打払令に基づいて砲撃し、退去させた

蛮社の獄→1839年、渡辺崋山は「慎機論」・高野長英は「夢物語」を書き、モリソン号事件などにおける幕府の政策を批判した。江戸幕府が渡辺崋山を国元での蟄居 、高野長英を永牢に処した

安政の大獄→江戸幕府の大老・井伊直弼に対して批判的な態度をとった多くの人物たちが弾圧された

桜田門外の変→1860年(万延元年)、大老井伊直弼が江戸城の桜田門外で尊王攘夷派の水戸・薩摩の脱藩浪士らに暗殺された

生麦事件→1862年(文久2年)、生麦村で発生した日本人による外国人殺傷事件

四国艦隊下関砲撃事件→イギリス・フランス・アメリカ・オランダの4国連合艦隊が、下関の砲台を攻撃し、攘夷派を屈服させた

薩英戦争→1863年(文久3年)、生麦事件をきっかけに起きた薩摩藩とイギリスによる戦争

八月十八日の政変→1863年(文久3)8月18日、公武合体派が、尊皇攘夷過激派三条実美らを京都から追放した

池田屋事件→1864年(元治元年)、京都で起こった新撰組による尊王攘夷派を弾圧した

禁門の変(蛤御門の変)→1864年、長州藩が、会津藩・桑名藩・薩摩藩などの諸藩に敗れた

第一次長州征討→1864年9月、幕府は、禁門の変から数日後、長州藩に対し、長州討伐令を出した

第二次長州征伐→1866年、幕府と長州藩との間で起きた

ええじゃないか→1867年(慶応3年)、主に江戸以西の各地で起こった大衆的狂乱

王政復古の大号令→1867年12月9日、明治新政府の設立を宣言した

基礎歴史ブログ3